現代刀 肥前國住一吉作 二尺五寸二分 白鞘入

¥380,000 (税込)

在庫切れ

商品コード: 02-1276 カテゴリー:

説明

「体配」
鎬造り庵棟、身幅重とも尋常、反りやや強く鳥居反りで大峰。茎は生で鑢目は切、茎尻は栗尻。

「地鉄」
小板目肌が細かく詰んだ精美な鍛えに、地沸微塵に厚く付く。

「刃紋」
刃紋は互の目丁子刃で匂口明るく冴え足良く入る。帽子は乱れ込小丸に返る。

「特徴」
肥前国住一吉、本名は中尾一吉、佐賀県武雄市在住の刀匠です。師は堀井俊秀の弟子であった父忠次刀匠です。一吉刀匠は一文字、肥前国忠吉、源清麿などの写しで知られ、数打ちは一切せず作品は少ない。
また新作刀展では優秀賞を初めとして、奨励賞、努力賞を受賞する、実力派の刀匠です。
本作、一吉刀匠の力作で、鑑賞に良いですが、拵を付ければ試斬にも使えます。

「拵」
ハバキ :素銅地二重風の一重ハバキ。
白鞘が付属。

「刀剣の状態」
研ぎ:古研のため、少し薄錆が有りますが、地刃は良く見えます。
傷:欠点に成るような傷は有りません。