現代刀 早坂信正 八寸二分 懐剣拵入

売約済

¥0 (税込)

在庫切れ

商品コード: 04-1071 カテゴリー: ,

説明

「体配」
平造庵棟、身幅とも尋常、反り無し。茎は生で筋違い鑢がかかり、茎尻は栗尻。

「地鉄」
小板目肌が良く詰み澄入り、地沸微塵に付く。
「刃紋」
刃文は沸出来の互の目乱れ、刃中は金筋が入る。帽子は直ぐ入り小丸に綺麗に返る。

「特徴」
早坂信正、本名早坂政義、昭和33年2月10日生、宮城県加美郡色麻町住、 昭和51年に法華三郎信房に入門する。新作刀展 入選20回の実力派刀匠。
本短刀は御守刀として作られた物でしょう。拵は本漆黒呂塗の懐剣拵で、笹竜胆の家紋が金高蒔絵で入る。
刀身、拵共状態は良く、コレクションや御守刀に最適です。

「拵、その他」
ハバキ:銀無垢一重の庄内。
拵  :本漆黒呂塗懐剣拵。
目釘 :銀製

「刀剣の状態」
研:良好です。
傷: 傷は有りません。