無銘 宇多國房 八寸九分 打刀拵入

¥0 (税込)

在庫切れ

商品コード: 04-1091 商品カテゴリー: , ,

説明

「体配 style」

「地鉄 jigane」

「刃紋 hamon」

「特徴 detailed」
宇多派は鎌倉時代末期の文保頃に、大和国宇陀郡から古入道国光が越中に移住したことにより興り、以後室町時代に渡って繁栄しました。
中でも鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての作品を古宇多、室町期の作品を宇多と、それぞれ称呼します。

「拵 koshirae」
ハバキ:素銅磨き地の一重。
目貫 :貝図。
柄  :鮫は親粒が付き巻鮫。
鞘  :

「刀身の状態 condition of blade」
研:
傷: 欠点になるような傷はありません。