大業物 現代刀 伯耆国延秀 二尺四寸 打刀拵入


Modern sword Hokikuni Nobuhide/
Owazamono

¥0 (税込)

在庫切れ

商品コード: 01-1999 商品カテゴリー: , ,

説明

「体配 style」
鎬造り庵棟、身幅重尋常、鳥居反りで中峰。茎は生で化粧鑢がかかり、茎尻は刃上がりの栗尻。
彫り物は片チリの棒樋がハバキ下に掻き流しと成る。

「地鉄 jigane」
地金はよく詰んだ小板目肌に地沸ついて所々に地景が現れる。

「刃紋 hamon」
湾れ刃紋を主に小互の目が交じり、刃縁には荒沸が付き、砂流しがよく絡み、刃中は葉が入るく。鋩子は湾れ込んで先掃き掻け小丸へと返る。

「特徴 detailed」
伯耆住延秀 本名は前田秀志、昭和3年8月18日生まれ、鳥取県日野郡江府町佐川在住。師は川島忠善の弟子である父前田喜太郎刀匠(刀匠銘:義輝)。
伯耆国住延秀の刀は切れ味優れることで世界に知られており、特に抜刀の世界では神がかった性能を有する名刀です。
現に真剣を使った武道でギネスの認定を受けられた抜刀道龍星剣宗家、猿田光廣先生曰く「試し斬りしてちゃんと斬れるものが名刀です。」の愛刀として有名な御刀です。
猿田氏は、平成10年9月20日、名古屋東海テレビテレピアホールにて千本斬りを1時間36分36秒で見事達成。竹を1本芯にしてそこにゴザ1本分をきつく巻いたもの1000本を1人で斬りました。
途中で刀を替えることなく、1本の斬り損じもなく1人で1000本を連続して斬り納めたことがギネスに認定されました。2000年11月、正式にギネスブックに掲載されます。
またラストサムライに出演した、俳優で武道家のリ-村山先生も延秀を愛刀としており、畳表を斬る素晴しい演武を国内のみならず海外でも披露しています。私は村山先生とは懇意にさせていただいており、国内は元より、海外ではハノイ、クイニョンの世界武道祭、ドバイ、上海、北京、龍泉にご一緒させていただいて、先生の演武を身近で見させております。
本刀は状態から見ると居合や試斬では未使用みたい。正眼に構えたバランスは良く、手持ち軽く、振り易く、居合に試斬で直ぐに使えます。大業物を手に入れるチャンスです。

「拵 koshirae」
ハバキ:素銅地庄内ハバキ。
鍔  :鉄地勝虫透かし。
縁頭 :素銅地波の図。
目貫 :勝虫の図。
柄  :鮫革は薄い黒に染められる。柄糸は牛表革の諸摘み巻。
鞘  :黒呂鞘。

「刀身の状態 condition of blade」
研:良好です。
傷: 欠点になる傷は有りません。