現代刀 関住正直作 二尺五寸 打刀拵入

¥430,000 (税込)

在庫切れ

商品コード: 01-1994 商品カテゴリー: , ,

説明

「体配 style」
体配は鎬造り庵棟、身幅太く重尋常、鳥居反り、中鋒。茎は生で鑢目は筋違い、茎尻はやや刃上がりの栗尻と成る。

「地鉄 jigane」
板目肌が流れ柾と成り、地沸付。

「刃紋 hamon」
互の目、尖り刃を交え飛び焼きを見せ、刃緑砂流しかかる。帽子は乱れ込み小丸に返る。

「特徴 detailed」
関住正直刀匠は岐阜県関市在住で義父の兼秀刀匠に師事する。正直刀匠の刀は戸山流の方が良く使っておられ、隠れた大業物として、試斬をされている方々の中では、折れず曲がらず良く切れる刀として有名です。また竹/畳表両方に使えます。正に河野貞光や笹露にも匹敵すると言っても過言ではない刀です。

「拵 koshirae」
ハバキ:銀無垢一重の庄内。
鍔  :
縁頭 :
目貫 :稲穂。
柄  :鮫は親粒が付く。柄巻は正絹黒の諸捻り巻。
鞘  :黒呂。

「刀身の状態 condition of blade」
研:
傷: 欠点になるような傷はありません。