大業物 笹露筑州住宗重作 二尺四寸一分 打刀拵入

★★★鉄棒を切断した大業物の笹露です。

¥1,000,000 (税込)

在庫1個

商品コード: 01-1993 商品カテゴリー: , ,

説明

「体配 style」
体配は鎬造り庵棟、身幅重共尋常、鳥居反り、中鋒。茎は生で鑢目は筋違い、茎尻は刃上がりの栗尻と成る。

「地鉄 jigane」
板目肌が良く練られ、地沸付く。

「刃紋 hamon」
互の目で刃緑沸が付き銀筋走り、刃中葉が入る。帽子は乱れ込み小丸に返る。

「特徴 detailed」
宗重、本名は古城重昭、昭和7年生まれ。銘は筑州住宗重作とも切る。師は宗勉刀匠の父である宗弘刀匠。宗勉刀匠とは兄弟弟子の関係になります。
しかし、宗重刀匠の銘を切っている刀は殆どが宗勉刀匠の作品です。本作も宗勉刀匠の作品で、数少ない助廣写しです。またこの笹露は鍛冶押し後に、鉄棒に巻いた畳表を宗勉刀匠自ら試し斬りした所、鉄棒まで切断してしまったそうです。
その後、この笹露は直心影流の秋吉先生が愛刀として長年使っていました。何千本の竹を斬ってもびくともしなかったそうです。
今回友人が秋吉先生と懇意にしている事から、先生の愛刀を譲っていただきました。刀身は研ぎ直し拵を新調しました、鞘は新品の鞘と直心影流の鞘が付いています。また秋吉先生直筆の折紙もついています。このような大業物中の大業物の笹露は2本と無いでしょう。このチャンスを逃さ無いようにして下さい。

「拵 koshirae」
ハバキ:銀無垢一重の腰祐乗
鍔  :鉄地木瓜形龍透かし。
縁頭 :銀無垢龍の図。
目貫 :銀無垢龍の図。
柄  :親粒が付き巻き鮫、柄巻は牛スエード黒の諸捻りまき。
鞘  :黒呂鞘と影流の鞘が付属。

「刀身の状態 condition of blade」
研:研ぎ上がったばかりです。
傷: 欠点に成るような傷はありません。