現代刀 讃州白島住玉峯 二尺三寸八分 打刀拵入


Gendaito by Sansyu Shirotori ju Tamamine saku / Iai sword
It is Modern sword for very cheap Iaito.

¥0 (税込)

在庫切れ

商品コード: 01-1972 商品カテゴリー: , ,
登録 Registration Code 令和2年9月24日 大阪府第131666号
種別 Category
刃長 Blade length 72.3cm
反り Curvature 1.4cm
目釘穴 a rivet of a sword hilt 1個 One
銘文 Signature and Date (表)讃州白島住玉峯作
(裏)昭和五十三年七月日
元幅 Width at the bottom part of blade 31.7mm
先幅 Width at the top 23.4mm
元重 Thickness at the bottom part of blade 6.0mm
先重 Thickness at the top 5.0mm
重量 Weight 刀身750g、抜身970g
blead just 750g.with out saya 970g
時代 Period 昭和後期 The last of the Showa period

説明

「体配 style」
鎬造り庵棟、身幅重共尋常、鳥居反り中鋒、茎は生で化粧鑢がかかる。
The style is Shinogizukuri with Iorimune, and the width and thickness is usually. Also it has an Tori-sori and Chu-kissaki.
The Nakago is original, and design of the file is kesyoyasuri and end of nakago is kurishiri.

「彫り物 carving」
片チリの棒樋が茎の目釘穴横まで掻き流しとなる。
BOHI is Kakinagashi(Scratch and Sink) to the under of Habaki.

「地鉄 jigane」
板目肌に地沸付く。
Itamehada with Jinie.

「刃紋 hamon」
沸出来の湾れ刃。釯子は波紋成りに入り小丸に返る。
Notareha with nie. Boshi is komaru.

「特徴 detailed」
讃州白島住玉峯、香川県大川郡白鳥町(現在の香川県東香川市白鳥)にて鍛刀していた刀匠です。茎の字が難読なため、登録証は「陸州」と成っていますが、正しくは「讃州」です。なお登録証はこのままでも問題有りません。
本作、研ぎが悪いため、刀身が曇っていますが、研ぎ直せば良くなるでしょう。また大肌が出ている箇所が1か所と細い割れが1箇所有りますが、あまり目立ちません。
重量軽くバランス良く、ご購入後すぐに居合で使えます。価格で勝負の一振りです。

「拵 koshirae」
ハバキ(habaki) :素銅地一重の庄内。Made of copper and design is Syonai.
鍔(tsuba)   :鉄地菊透かし。Made of iron and design is chrysanthemum.
縁頭(fhchikashira):縁は赤銅魚子地石畳紋、頭は水牛の角。Fuchi is red copper with Nanako and IshitatamiMon. Kashira is water-buffalo horn.
目貫(menuki)  :龍の図。Design is dragon.
柄(tsuka)   :正絹黒の諸捻り巻。Pure silk and Hineri maki.
鞘(saya)   :黒呂。Kuroro(black).

「刀身の状態 condition of blade」
研ぎ:古研ぎのため、刀身が曇っています。The polishing is old so clouded.
傷:大肌の箇所1か所と、割れが1箇所有ります。1 Ohada and 1 cruck.