現代刀 讃岐國源幸弘 二尺四寸二分 打刀拵入


Gendaito by Sanukinokuni Minamoto Yukihiro saku / Iai & Tameshigiri sword

¥350,000 (税込)

在庫切れ

商品コード: 01-1967 商品カテゴリー: , ,
登録 Registration Code 昭和48年5月17日 香川県第19906号
種別 Category
刃長 Blade length 73.4cm
反り Curvature 1.6cm
目釘穴 a rivet of a sword hilt 1個 one
銘文 Signature and Date (表)讃岐國源幸弘
(裏)昭和二十八年吉日 山口所持
元幅 Width at the bottom part of blade 31.6mm
先幅 Width at the top 21.1mm
元重 Thickness at the bottom part of blade 7.1mm
先重 Thickness at the top 5.7mm
重量 Weight 刀身685g、抜身975g
blead just 685g . with out saya 975g
時代 Period 昭和中期 The mid Showa period

説明

<体配 style>
体配は鎬造り庵棟、身幅重共尋常、鳥居反り、中鋒。茎は生で切り鑢がかかり、茎尻は刃上がりの栗尻と成る。

<体配 style>
片チリの棒樋がハバキ下に掻き流しとなる。

<地鉄 jigane>
地鉄は板目肌に柾目が交じり、地沸く。

<刃紋 hamon>
互の目乱れで、尖り刃を交え足入り、刃縁盛んに沸付き、砂流しかかる。刃中は葉、金筋が入る。帽子は乱れ込み小丸に返る。

<特徴 detailed>
讃岐國幸弘、銘は竜宇子源幸弘とも切る。本名は武田楠太、大正元年9月30日生まれ、香川県高松市多肥上町にて鍛刀していた刀匠。師は富永竜宇、昭和18年 小倉陸軍造兵工廠の陸軍受命刀匠と成る。戦後は香川県美術刀剣製作協会理事長を務める。
本作、居合用に作られた刀だと思われます、そのため重量が軽くバランスが良いです。柄は新品の縁頭、目貫、鍔を使用してリペアしました、鞘も新品です。ご購入後に直ぐに居合で使えます。

<拵 koshirae>
ハバキ Habaki :素銅一重の腰祐乗。
鍔 Tsuba    :鉄地矢車の図透かし。
縁頭 FuchiKashira :石目地勝虫の図。
目貫 menuki  :勝虫の図。
柄 Tsuka   :柄巻は牛表革の諸捻り巻。
鞘 Saya  :鯉口千段刻み黒呂鞘。

<刀剣の状態 condition of blade>
研:
傷: