大業物 現代刀 関住正直作 二尺四寸五分五厘

Owazamono Gendaito by Seki ju Masanao saku / Iai and Tameshigiri sword

¥0 (税込)

在庫切れ

商品コード: 01-1936 商品カテゴリー: ,

説明

「体配」
体配は鎬造り庵棟、身幅太く重尋常、鳥居反り、中鋒。茎は生で鑢目は筋違い、茎尻はやや刃上がりの栗尻と成る。

「彫物」
片ちりの棒樋が、ハバキ下に掻き流しとなる。

「地鉄」
板目肌が流れ柾と成り、地沸付。

「刃紋」
互の目、尖り刃を交え飛び焼きを見せ、刃緑砂流しかかる。帽子は乱れ込み小丸に返る。

「特徴」
関住正直、本名は中田勝郎。岐阜県関市在住で義父の兼秀刀匠に師事する。正直刀匠の刀は戸山流の方が良く使っておられ、故河野貞光刀匠に匹敵する隠れた大業物として、試斬をされている方々の中では有名です。
本作品は、特注で作られたと思われます。ハバキは金着の高級品が付き、白鞘とつなぎが付属します。多分居合や試斬では未使用でしょう。刀身は身幅が太く豪壮ですが、平肉は薄く造られております、また今回出品前に刀身先側1/3を研ぎ直しました。刃身が長いわりに重量軽くバランス良く、最近では貴重な一振りです。居合にも試斬にも使えます。

「拵」
ハバキ:素銅地金着一重の庄内。
鍔  :鉄地肥後木瓜形海鼠透かし桜唐草金象嵌
縁頭 :鉄地肥後桜唐草金象嵌。
コジリ:鉄地肥後桜唐草金象嵌。
目貫 :金地菊一輪。
柄  :鮫は親粒が付く、柄巻は正絹黒色の諸捻り巻き。
鞘  :黒呂、白鞘、つなぎ。

「刀身の状態」
研:良好です。
傷:欠点になるような傷は無いです。