現代刀 小林吉永 二尺三寸九分

Gendai to Kobayashi Yoshinaga / iai sword

¥0 (税込)

在庫切れ

商品コード: 01-1935 商品カテゴリー: ,
登録 Registration Code 昭和54年9月17日 鳥取県第20785号
種別 Category 刀 katana
刃長 Blade length 72.5cm
反り Blade length 1.7cm
目釘穴 a rivet of a sword hilt 1個 one
銘文 Signature and Date (表)小林吉永
(裏)昭和五十四年二月日
元幅 Width at the bottom part of blade 32.0mm
先幅 Width at the top 21.5mm
元重 Thickness at the bottom part of blade 7.5mm
先重 Thickness at the top 5.0mm
重量 Weight 刀身790g、抜身1020g
blead just 790g . wirhout saya 1020g
時代 Period 昭和後期 syowa

説明

「体配」
体配は鎬造り庵棟、身幅重共尋常、鳥居反り、中鋒。生茎で化粧鑢がかかる、茎尻は刃上がりの栗尻。

「彫り物」
片チリの棒樋がハバキ下に掻き流しとなる。

「地鉄」
板目肌が流れ柾目となり、地沸がつく。

「刃紋」
刃紋は沸出来の直刃、刃緑盛んに砂流しかかり、刃中は柾目鍛えに絡んだ金筋、湯走りを見せる。帽子は直ぐに入り小丸に返る。

「特徴」
小林吉永刀匠は、鳥取県の現代刀工で戦時中の靖国刀匠であった金崎助寿に学んだ。各伝を上手に作るが、月山の秘伝ともいう綾杉肌を再現した事でも有名です。
新作刀展では入選多数。
本作は吉永刀匠には珍しい、沸できの直刃を焼いたもので、一見大人しいそうに見えますが、良く見ると刃緑、刃中の働きが荒々しい見事な出来栄えです。
拵は居合用に造られたものです。痛みも少なく柄のガタツキも無く、直ぐに居合いで使用できます。
またご希望の片は、税込み1万円で柄巻きを新調します。正絹、牛革、豚革が選択できます。

「拵」
ハバキ:銀無垢一重の腰祐乗。
鍔  :鉄地龍透かし。
縁頭 :肥後鉄地唐草銀象嵌。
目貫 :海藻の図。
柄  :柄巻は正絹納戸色の諸捻り巻き。
鞘  :黒呂鞘。

「刀身の状態」
研:古研ぎのため、少し薄錆があります。
傷:欠点になるような傷は無いです。