現代刀 筑後住安光作 二尺四寸 拵入、替鞘付

¥450,000 (税込)

在庫切れ

商品コード: 01-1478 商品カテゴリー:

説明

<体配>
体配は鎬造り庵棟、身幅重共尋常、鳥居反り、中鋒。茎は生で化粧鑢がかかり、茎尻は浅い刃上がりの栗尻と成る。
彫り物は片チリの棒樋がハバキ下に掻き流しと成る。

<地鉄>
板目肌が流れ、地景入り地沸付く。

<刃紋>
互の目、足良く入り、匂口明るく、銀筋が走り、葉入る。帽子は乱れ込み小丸に返る。

筑州住安光、本名は小宮安気光、昭和31年生まれ、福岡県大牟田市在住。小宮国治刀匠の次男、また現在若手で活躍中の国天刀匠の父です。
四郎国光の中心的存在で、各地で開催される九州物産展では四郎国光の包丁を販売されています。
本作、居合用に作られた物だと思われますが、居合では未使用でヒケや錆もありません。バランスが抜群に良く重量も頃合で、替鞘も付いており、直ぐに居合に使用できます。

<拵え>
ハバキ:銀無垢一重に金鍍金の庄内。
鍔  :鉄地肥後松樹透かし。
縁頭 :鉄地肥後野道。
目貫 :鯰の図。
柄  :鮫は黒染、柄巻は牛スエードの諸捻り巻き。
鞘  :黒色鯉口印籠千段刻み鞘、黒呂鞘。

<刀剣の状態>
研:良好です。
傷:欠点に成るような傷は有りません。