保存刀装具 花菱雁金抱茗荷透鐔
銘 肥後住 林重久

Hozon tosougu/Hanabishi karigane daki myouga sukashi tsuba/Mei Higo ju Hayashi Shigehisa

【縦 Length】
70.2mm
【横 Width】
66.2mm
【切羽台厚 Thickness of setsupadai】
4.8mm
【重量 Weight】
76g
【材質 Material】
鉄 Iron

¥0 (税込)

在庫切れ

商品コード: TB-06 カテゴリー: ,

説明

「体配 style」
・堅丸形 鉄地
・地透毛彫 象嵌
・丸耳

「特徴 detailed」
林氏。又平という。先代の平蔵(重次)が二十七歳の明和七年(1770)にその子として生まれる。
重久と重之はいずれの銘も実見され、同人である。はじめ勝家とも名のった。
また源保之と銘するのもこの人だとする説がある。
家督を相続して林家の五代目を継承した。また細川家の藩工となり、代々支給された十五石の切米と五十人扶持をもらった。
良工である。文政六年(1823)十一月に五十四歳で没した。
肥後国春日村久末住。