特別保存刀剣
大坂住藤原永路(万治頃) 一尺三寸七分
力士拵入、白鞘付


武蔵守永道の初銘、永路の大変貴重な力士差、付属する拵も鯔背な感じがします。
Tokubetsu Hozon Token Osaka ju Fujiwara Nagamichi with Sumo wrestler’s Koshirae.
This Wakizashi is Sumo wrestler’s sword in Edo period, and it’s a very precious Japanese sword.

【登録 Reggistration Code】
昭和28年1月6日 山形県第1262号
【種別 Category】
脇差 Wakizashi
【長さ Blade length】
41.5cm
【反り Curvature】
1.2cm
【目釘穴 a rivet of a sword hilt】
2個 Two
【銘文 Signature and Date】
(表)大坂住藤原永路
【元幅 Width at the bottom part of blade】
41.8mm
【先幅 Width at the top] 
36.2mm
【元重 Thickness at the bottom part of blade】
6.4mm
【先重 Thickness at the top】
5.7mm
【重量 Weight】
刀身549g / Blade Just 549g.
【時代 Period】
江戸時代初期 / The early of the Edo period.

¥950,000 (税込)

在庫1個

商品コード: 03-1166 カテゴリー: , ,

説明

「体配 style」
鎬造り庵棟、身幅太く重尋常、鳥居反り大鋒。茎は生で鑢目は筋違い、茎尻は刃上がりの栗尻。

「彫物 carving」
片チリの棒樋がハバキ下に掻き流しとなる。

「地鉄 jigane」
板目肌が流れ柾と成り、地沸付く。

「刃紋 hamon」
互の目乱れ、刃緑荒沸が付き、砂流し栄んにかかり、刃中は葉、金筋が入る。釯子は乱れ込み尖り気味に小丸に返る。

「特徴 detailed」
大坂住藤原永路、江戸時代初期万時頃の大坂の刀匠で堀川國広の門人。武蔵守永道の初銘。本名は土井六兵衛、江戸においても作刀する。
本作は俗に力士差と言われるものです。江戸時代には各藩にお抱え力士がおり、このような極端に身幅の広い脇差の帯刀を許されていました。
しかしながら無茶苦茶迫力の有る脇差で、南北朝時代の大段平の大磨り上げのような姿です。
付属する拵も大迫力で、牡丹の花を金で色染した革包の鞘が鯔背です。
力士差でここまで状態の良い物は少なく大変貴重です、この機会にあなたのコレクションに加えて下さい。

「拵 Koshirae」
ハバキ(habaki) :素銅地銀着一重。
鍔(tsuba)    :鉄地喰出鍔。
縁頭(fhchikashira):鉄地牡丹の図。
目貫(menuki)   :牡丹の図。
栗形   :山金地梅の図。
一文字  :素銅地梅の図。
柄(tsuka) :鮫は巻鮫。柄巻きは正絹焦げ茶色の諸捻り巻き。
鞘(saya) :革包金牡丹模様染付鞘。

「刀剣の状態 condition of blade」
研:概ね良好です。
傷:欠点に成るような傷は有りません。