現代刀 肥後國住赤松太郎兼照作 二尺五寸一分 打刀拵入り



人気の赤松太郎、長寸で軽く、未使用の新品、直ぐに居合で使えます。
Higonokuni ju Akamatsutaro Kaneteru.
This sword is new and unused.
This sword is long and light, so for Iai-do.

【登録 Reggistration Code】
平成26年4月17日 熊本県第55196号
【種別 Category】
刀 Katana
【長さ Blade length】
76.1cm
【反り Curvature】
1.8cm
【目釘穴 a rivet of a sword hilt】
1個 One
【銘文 Signature and Date】
(表)肥後國住赤松太郎兼照作(裏)平成二十六年四月吉日
【元幅 Width at the bottom part of blade】
31.8mm
【先幅 Width at the top] 
24.5mm
【元重 Thickness at the bottom part of blade】
6.4mm
【先重 Thickness at the top】
5.0mm
【重量 Weight】
刀身662g 抜身936g
Blade Just 662g With out saya 936g.
【時代 Period】
平成 / Heisei period.

商品コード: 01-2022 カテゴリー: , , タグ:

説明

「体配 style」
鎬造り庵棟。身幅重尋常、中間反りで切先は中切先と成る。茎は生で筋違い鑢がかかる。茎尻は栗尻。

「彫物 carving」
彫り物は片チリの棒樋がハバキ下に掻き流しと成る。

「地鉄 jigane」
地鉄は小板目が良く詰み地沸が付く。

「刃紋 hamon」
刃文はのたれ調の互の目丁子刃に足・葉が盛んに入り、所々金筋が輝き、砂流しがかかる。釯子は乱れ込み小丸に返る。

「特徴 detailed」
赤松太郎兼照、本名は木村兼弘、昭和32年生まれ、木村兼重刀匠の次男で熊本県八代市住、長兄は木村兼嗣刀匠。木村家は赤松太郎を冠し、清麿写しの大切先の豪刀などを作ることでお馴染みの刀工です。また赤松太郎とは、薩摩街道の肥後芦北地方に難所として知られる三太郎峠という峠がある。肥後芦北地方に連なる赤松太郎峠・佐敷太郎峠・津奈木太郎峠を総称してこう呼んでおり、古くから通行が困難な山道として知られる一方、軍事的な要衝にもなっていたという。
本作は居合用に作られた刀で、重量軽くバランス良く、手持ちは最高です。また本作はある刀屋さんで新品として眠っていた物で未使用の新品です。
鞘の鯉口の刃側には20㎝ほどに渡りベークライトの補強が入っており鞘が割れにくく成っています。

「拵 koshirae」
ハバキ:銀無垢に金鍍金の腰祐乗。
鍔  :鉄地肥後唐草図金布目象嵌。
縁頭 :鉄地肥後唐草図金布目象嵌。
縁頭 :鉄地肥後唐草図金布目象嵌。
目貫 :菊の図。
柄  :鮫革は親粒が付き巻鮫。柄糸はスエード黒の諸摘み巻。
鞘  :黒呂。(保管時に付いた浅い凹みが有ります)

「刀身の状態 condition of blade」
研:良好です。
傷: 欠点になるような傷はありません。